ケトン臭とはどんな臭い? 糖尿病やダイエット中の口臭・体臭の対策

ケトン臭とはどんな臭い? 糖尿病やダイエット中の口臭・体臭の対策

ケトン臭とはどんな臭い? 糖尿病やダイエット中の口臭・体臭の対策

口臭や体臭にはさまざまな原因がありますが、糖尿病患者や糖質制限ダイエットをしている方から、「ケトン臭」と呼ばれる特有の臭いがすることがあります。

このケトン臭とはどんな臭いなのでしょうか。また、臭いが発生する原因や対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、ケトン臭の特徴と対策についてまとめます。

ケトン臭とはどんな臭い?

ケトン臭とは、一般に「リンゴや柿等の果物が腐ったような臭い」と表現される甘酸っぱい臭いです。

糖尿病のほか、無理な食事制限を伴うダイエットが原因で発生することもあり、「ダイエット臭」「飢餓臭」「アセトン臭」などとも呼ばれます。

ケトン臭が発生する原因

糖尿病やダイエット中のケトン臭が発生する原因

人はブドウ糖を主なエネルギー源として生きていますが、体内のブドウ糖が不足したり、インスリンの不足等によって有効に使われなくなると、身体に蓄えられた脂肪が燃焼されて「ケトン体」という新たなエネルギー源が生成されます。

このケトン体にはアセトンという物質が含まれており、臭いを発生させる原因となります。血液に増えたケトン体が全身を巡り、汗や呼気として体外へ排出されることで、甘酸っぱいツーンとしたケトン臭が体臭や口臭になって現れることになります。

糖尿病とケトン臭の関係

糖尿病を発症すると、血液中のブドウ糖の使用をコントロールする「インスリン」というホルモンの分泌量が不足します。インスリンが不足すると代謝に異常をきたし、ブドウ糖をエネルギー源として上手く使用できなくなってしまいます。

その際、ブドウ糖に代わる新たなエネルギー源として肝臓で合成されるのがケトン体です。「ケトン体による体臭・口臭」や「全身の疲労感」、「喉の渇き」、「食べているのに痩せる」等の症状がみられる場合には糖尿病のサインと考え、早めに医療機関を受診してみるようにしましょう。

ダイエットとケトン臭の関係

極端な食事制限を伴うダイエットを行うと、エネルギー源の不足によって、糖尿病と同じように脂肪やタンパク質を分解してケトン体を作り出すことになります。

せっかくダイエットして綺麗を目指しても、口臭や体臭がきつくなるようでは元も子もありません。ケトン臭が発生している場合には、そのダイエット方法が健康的でない証拠でもありますので、無理な糖質制限ダイエットは見直すようにしましょう。

ケトン臭の対策方法

ケトン臭による口臭・体臭の対策方法

糖尿病や過度なダイエットによるケトン臭の対策方法としては、下記のようなものがあげられます。

糖尿病による口臭・体臭対策

糖尿病からくる口臭や体臭については、病気の治療を行うことが根本的な対策となります。糖尿病は完治のない病気ではありますが、医師の指示に従って適切な治療を行うことで症状を改善し、合併症等を予防することが大切です。

食事療法や運動療法などによって血糖値を正常値の範囲内にコントロールし続けることができれば、ある意味「治った」のと同じような状態を保つことも可能です。

ダイエットによる口臭・体臭対策

ダイエットによってケトン臭が発生している場合には、減量への取り組み方を見直す必要があります。食事制限ばかりではなく、有酸素運動によって脂肪を燃焼したり、基礎代謝を上げることで痩せやすい体を作ることが大切です。体を温める効果のあるショウガや酢などの食べ物も、基礎代謝アップに役立ちます。

また、こまめに水分補給を行うことにより、尿からケトン体の排出を促すことで、早く口臭や体臭を消すことができます。

市販の口臭対策グッズの利用

市販の口臭用グッズを使用して応急的な対策をするのも良いでしょう。

口臭対策グッズにはサプリメントマウススプレーなどの種類があります。

まとめ

今回は、ケトン臭とはどんな臭いかや、その原因・対策にはどのようなものがあるかについてご紹介しました。

ケトン臭が発生する主な原因には、糖尿病やダイエット中の過度な食事制限などがあげられます。甘酸っぱいツーンとした口臭や体臭が続く場合には、身体からのSOSのサインと考えて、早めに対策をとるよう心がけましょう。