蓄膿症(副鼻腔炎)による口臭はどんな臭い? 症状・原因と対策方法

蓄膿症(副鼻腔炎)による口臭はどんな臭い? 症状・原因と対策方法

蓄膿症(副鼻腔炎)による口臭はどんな臭い? 症状・原因と対策方法

口臭の原因となる鼻の病気の一つに「蓄膿症(副鼻腔炎)」があります。特に風邪をひいた後などは、鼻の奥に溜まる膿や鼻水の臭いが気になり、口臭で周囲を不快にさせてしまうのではないかと不安に感じる人も多いようです。

今回は、蓄膿症による口臭はどんな臭いかや、その対策方法についてまとめます。

蓄膿症の主な症状

顔には、頬や目の上辺りに粘膜で覆われた空洞があり、これを副鼻腔といいます。蓄膿症(副鼻腔炎)とは、この副鼻腔内の炎症によって膿や粘膜が溜まってしまう症状のことです。

通常、副鼻腔の内部は空の状態ですが、細菌感染やアレルギー反応によって粘膜が炎症を起こすと、鼻水が排出されにくくなるため副鼻腔内に溜まってしまいます。副鼻腔内に膿が混じった鼻水が溜まることで更なる炎症を招き、頬や目の周りに鈍痛を引き起こすほか、口臭や集中力の低下、嗅覚異常等の症状が現れることもあります。

蓄膿症(副鼻腔炎)の症状と原因

蓄膿症でみられる鼻水は、膿を含んだ緑や濃い黄色のドロっとした状態が特徴です。炎症により粘膜の機能が低下していることから、鼻をかんでも外に排出されにくく、逃げ場を失った臭いの強い鼻水が喉の奥に垂れてくることもあります。これを後鼻漏(こうびろう)と呼び、蓄膿症と併発してみられる不快な症状のひとつです。細菌を含んだ鼻水は喉にも悪影響を及ぼし、口臭の原因として知られる膿栓の付着につながることもあります。

蓄膿症の主な自覚症状

  • 黄色や緑色の濃い鼻水
  • 鼻づまり
  • 後鼻漏(喉の奥に鼻水が垂れる症状)
  • 頬や目、鼻の周りの痛み
  • 口臭
  • 頭痛

蓄膿症による口臭はどんな臭い?

蓄膿症(副鼻腔炎)による口臭はどんな臭い?

蓄膿症は耳鼻科系疾患ですが、口臭の発生にも大きく関係しています。ここでは、蓄膿症による口臭はどんな臭いかについて解説します。

喉の奥の膿や鼻水による臭い

副鼻腔に炎症を起こして膿や粘膜が溜まってしまうと、それらが臭いを発生させる元となります。特に、喉の奥に膿や鼻水が垂れてくると、その臭いを自分自身で強く感じやすいため、口臭が気になる人が多いようです。

黄色いドロッとした鼻水の臭いはほとんどの人が経験があると思いますが、蓄膿症による臭いも同様の生臭い臭いになります。

口呼吸による口臭

副鼻腔炎を発症すると鼻づまりの息苦しさから口呼吸になることが多く、口腔内が乾燥しやすくなります。その結果、唾液による口内の自浄作用が低下するため細菌が繁殖しやすくなり、口臭を発生させる原因となります。

細菌が発生させる臭いは、メチルメルカプタンや硫化水素によるものです。一般に、「腐った卵のような臭い」や「腐った玉ねぎのような臭い」などと表現されます。


蓄膿症の場合、自分で自分の口臭を確認しようとしても、鼻づまりや嗅覚の低下によって上手く確認できないことが多くなります。不安な場合には、臭いは発生しているものと考え、蓄膿症の治療や口臭対策に取り組むようにしましょう。

蓄膿症による口臭の対策方法

蓄膿症(副鼻腔炎)による口臭の対策方法

蓄膿症による口臭の対策方法としては、下記のようなものがあげられます。

耳鼻咽喉科での治療

蓄膿症による口臭の根本的な対策は、原因疾患の治療が第一となります。耳鼻咽喉科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。一般に、溜まった膿を吸引し、鼻洗浄により膿を排出する処置や、抗菌薬で細菌を排除する等の治療が行われます。

こまめな水分補給

鼻づまりによる口呼吸が続くような場合は、ミネラルウォーター等で小まめに水分補給をするようにしましょう。唾液の分泌量の低下や口腔内の乾燥を防ぎ、臭いの軽減に役立ちます。

口臭の予防対策に効く飲み物 | きつい口臭を消す飲料の種類と効果
口臭の予防対策に効く飲み物 | きつい口臭を消す飲料の種類と効果
口臭の予防対策に効く飲み物 | きつい口臭を消す飲料の種類と効果 口臭が気になった時、すぐに歯磨き等の対策ができる状況ならよいのですが、いつもそう...

マスクの着用

マスクの着用も効果的な方法です。周囲への口臭を遮断すると同時に、蓄膿症の原因となるウイルスや花粉等の侵入を防いでくれます。

市販の対策グッズの使用

症状が軽度の場合には、蓄膿症の市販薬や鼻洗浄器等を使用して対策をするのも良いでしょう。

応急的に口臭の対策をしたい場合には口臭用サプリメントも販売されていますので、それらを試してみるのも方法です。

まとめ

今回は、蓄膿症(副鼻腔炎)による口臭はどんな臭いかや、その対策方法についてご紹介しました。

蓄膿症は風邪や花粉症などによって突発的に起こることが多いですが、放置していると慢性化しやすい疾患です。集中力の低下や疲労感、頭痛のほか、口臭などの症状も長期化してしまいますので、早めに耳鼻咽喉科を受診して対策をとるようにしましょう。