舌が臭い! 口臭を防ぐための舌苔(ぜったい)の取り方・舌磨き法

舌が臭い! 口臭を防ぐための舌苔(ぜったい)の取り方・舌磨き法

舌が臭い! 口臭を防ぐための舌苔(ぜったい)の取り方・舌磨き法

鏡を見た時に、舌の表面の付着物が気になった経験はありませんか? 白や黄色の下の汚れは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれ、口の臭いを発生させる原因になります。

今回は、舌苔で舌が臭い時の取り方・舌磨き法についてまとめます。

舌苔(ぜったい)とは

舌が臭い時の主な原因は、舌の表面に付着した「舌苔(ぜったい)」です。舌苔とは、食べかすや口腔粘膜が剥がれ落ちた残骸、細菌が舌の表面に集まり、苔状に付着したものをいいます。

色は白や黄色、黒褐色などがあり、その時の健康状態によっても左右されます。舌の表面を厚く覆うような舌苔では、細菌が繁殖することで口臭が強くなります。

舌苔は、健康な舌にも確認することができます。うっすらと白い舌苔が付着している程度であれば正常であり、この程度では口が臭いと感じる原因にはなりません。むしろ、全く舌苔のないピンク色の舌は、見た目はきれいに見えますが、実は代謝機能の低下等の問題が潜んでいることも多いため注意が必要です。

舌苔が付着する原因

舌苔(ぜったい)で舌が臭い原因

舌苔は誰にでもみられる現象ですが、その質や量に違いがあります。舌が臭い主な原因としては、下記のようなものがあげられます。

ストレス

舌苔が溜まりやすい人は、唾液の分泌が少ない傾向にあります。

ストレス社会において、緊張や疲労を抱え、体調不良を起こしている方も少なくありません。この場合、自律神経の乱れから唾液の分泌量が減少し、口腔内が乾燥しやすくなります。口が乾くと唾液による自浄作用や殺菌作用が低下するため、汚れや細菌が舌に溜まることで舌苔を増加させるのです。

生活習慣

日々の生活習慣も舌苔の量を左右する要因です。睡眠不足等による体調不良の他、飲酒や喫煙による唾液の減少も舌苔の増加に繫がります。

また、胃腸に負担のかかる食生活を送っていると、唾液の分泌が減少し、食欲を抑えて胃腸の回復を図る防御反応が現れるといわれています。こうした唾液量の減少による舌苔の増加も、口臭の大きな原因となります。

病気

様々な体の病気も、舌苔の量や色に影響を与えます。

例えば、風邪や高熱の時には白っぽい舌苔が増加したり、脂肪肝や慢性胃炎等の内臓疾患が原因で黄色い舌苔が多く付着することがあります。また、抗生物質や副腎皮質ステロイド薬などの使用の影響によって黒い舌苔(黒毛舌)が発生することもあります。

「舌磨き」による舌苔の取り方

毎日一生懸命歯磨きをしていても、舌が臭い状態では口臭の悩みは改善されません。歯垢と同様に、舌苔もうがいだけで除去することはできません。そこで、「舌磨き」による正しい舌苔の取り方を実践し、口臭を防ぐようにしましょう。

舌磨きによる舌苔の取り方

  • 口腔内を十分に湿らす
  • 舌の奥から、少しずつ手前に向けて拭き取るように除去する
  • 2~3回繰り返し、舌苔がうっすら残る程度に留める
  • 舌磨き用のクリーナーにはブラシやスポンジ、へらタイプなど、メーカーによってさまざまな形がありますが、汚れの除去率や取り方にそれほどの差はみられません。

    肝心なのはその使い方です。完全に舌苔を除去しようとしてゴシゴシと強く磨くと、舌の細胞を傷つけてしまいます。舌磨きは1日1回程度にとどめ、ゆっくりと優しく行うようにしましょう。

    <舌磨きの方法>

    舌磨きを行う際の注意点

    口臭を防ぐことに過度に神経質になり、舌苔を根こそぎ除去してしまうことは避けましょう。舌の表面は、さまざまな舌乳頭が密集しており大変デリケートです。誤った方法での舌磨きは舌の表面を傷つけ、防御機能をも低下させる恐れがあります。これにより細菌感染を起こし、かえって口臭が酷くなるケースもありますので特に注意が必要です。

    不安な方は、歯科医師や歯科衛生士の指導を受けるとよいでしょう。また、正しいオーラルケアや体調管理・生活習慣等に問題がなければ、過剰に舌苔が付着することもありません。日頃から、舌苔の発生を抑えるための根本的な対策に取り組むことも大切です。

    まとめ

    今回は、舌苔の原因と取り方・舌磨き法についてご紹介しました。

    多量の舌苔は細菌の温床であり、放置していると口臭も酷くなります。舌が臭いと感じるような場合には、周囲の人に指摘を受けて恥ずかしい思いをする前に、早めの対策をとるよう心がけましょう。