舌の汚れ(舌苔)による口臭 | 舌の色が白い・黄色い原因と除去方法

舌の汚れ(舌苔)による口臭 | 舌の色が白い・黄色い原因と除去方法

舌の汚れ(舌苔)による口臭 | 舌の色が白い・黄色い原因と除去方法

舌の表面をチェックした時に、苔のような付着物が気になることはありませんか? この舌の汚れは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれ、多量に付着している場合には口臭が発生する原因となります。

今回は、舌の色が白い、または黄色い原因と除去方法についてまとめます。

舌苔(ぜったい)とは

舌苔とは、食べかすや剥がれ落ちた細胞に口腔内の細菌が繁殖してできた塊です。舌苔は健康な人でも付着していますが、疾患や体調不良によって色や量が変化することが知られており、異常が続く場合には注意が必要です。

また、舌苔の付着量が多い場合には口臭も強くなりがちです。舌の汚れに含まれるタンパク質が細菌によって分解された時に発生する硫化水素により、「腐った卵のような臭い」と表現される悪臭を放ちます。

舌の色による原因の違い

舌の色による原因の違い

健康な舌は淡いピンク色をしており、舌先と縁を抜かした部分が薄ら白く見える程度が正常です。一方、分厚い舌苔で覆われ、舌の色が白い、または黄色い状態は異常を知らせるシグナルとして注意が必要になります。

舌の色の違いによる特徴には、下記のようなものがあげられます。

舌の色が白い原因

舌の表面が分厚く白い舌苔で覆われている場合は、唾液量の減少による口内の自浄作用の低下や、胃腸の機能低下などが原因として考えられます。

疲労やストレス、口呼吸の癖による口腔乾燥症(ドライマウス)等が原因となっていることも多いため、舌の汚れが続く場合には注意が必要です。

舌の色が黄色い原因

舌の色が黄色い場合は、疲労やストレスのほか、病気や発熱が関係しているといわれています。風邪による発熱等で体内の水分量が低下すると、脱水症状から舌も乾燥を招くことがあります。これにより舌苔も乾き、黄色くこびりついてしまうのです。

また、暴飲暴食による胃炎や消化不良、喫煙によるヤニの色の付着等も舌が黄色い原因となりますので、そういった場合には生活習慣を見直すことが大切です。

舌の色胃が黒い原因

舌の色が黒い黒毛舌(こくもうぜつ)と呼ばれる症状があります。体調不良や唾液の分泌量の低下の他、抗生物質や副腎皮質ステロイド薬などの使用の影響等によってカンジダ菌が増殖することが主な原因です。

また、コーヒー等の色の着色性の高い飲み物や喫煙の習慣が原因で、もともとあった舌の汚れに色が沈着して舌が黒い状態になることもあります。

舌苔が全くない

舌の表面に舌苔が全くない状態も異常といえます。これらは主に、内臓疾患や栄養不良、代謝機能の低下などが原因としてあげられます。

また、舌の磨き過ぎによってこのような状態になる場合もあります。見た目や口臭を気にするあまり、過度に舌の汚れを除去してしまうと舌の表面にダメージを与え、かえって細菌の繁殖を促してしまう結果になりかねません。舌の痛みや味覚障害を引き起こすこともありますので、過度な舌磨きは控えるようにしましょう。

舌の汚れ(舌苔)が全くない原因

舌苔の除去方法

通常、舌の汚れは上顎前歯の裏側の凹凸した歯肉に当たることで、ある程度は自然に除去されます。また、食事や会話などで舌の動きが活発になると、唾液の分泌量が増えることで自浄作用が働き舌苔の付着も抑制されます。

しかし、舌苔の付着量が多い場合や口臭が気になる場合には、自分で除去をした方が良いでしょう。舌の表面は非常にデリケートです。通常の歯ブラシ等でゴシゴシこすると炎症や味覚障害にもつながりますので、専用の舌クリーナーや舌苔を浮かせるジェル、ガーゼなどを使用して、優しく除去するようにしましょう。

まずは舌を十分湿らせ、奥から舌先にかけて滑らせるようにして拭き取ります。完全に落とそうとはせず、うっすらと舌苔が残る程度に留めておきましょう。

<舌苔の除去方法>

舌苔による口臭を防ぐために

舌の汚れによる口臭の発生を防ぐためには、舌苔の除去に加え、日ごろの体調管理や病気の改善に取り組むことが根本的な対策方法となります。また、歯磨きが不十分だと口内の細菌が繁殖しやすく、舌苔の増加にもつながりますので、普段からオーラルケアを徹底して口腔内を清潔に保つようにしましょう。

あまり口臭が酷いと、他人とのコミュニケーションにも支障をきたしかねません。すぐに改善が見込めない場合には、原因の改善に取り組むとともに、マスクや口臭対策サプリメント等で応急的な対策をとるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、舌の色が白い・黄色い原因と除去方法についてご紹介しました。

体調の変化を敏感に察知する舌は「健康のバロメーター」ともいえます。日頃から舌をチェックする習慣をつけ、口臭を予防するとともに、健康状態の把握に役立てていきましょう。

また、異常な舌苔の改善がみられない場合には、病気が原因となっているケースもあります。早めに医師に相談の上、適切な方法で改善に取り組むようにしましょう。