歯槽膿漏による口の臭い対策 | 歯茎が臭い原因と口臭の治し方

歯槽膿漏による口の臭い対策 | 歯茎が臭い原因と口臭の治し方

歯槽膿漏による口の臭い対策 | 歯茎が臭い原因と口臭の治し方

日本人の、実に8割が歯槽膿漏だといわれるほど、多くの人が歯周組織に問題を抱えています。歯槽膿漏の症状の一つとして「口臭」があげられますが、自分の口の臭いに気づいていない人も多く、知らぬ間に周囲の人を不快にさせているかもしれません。

今回は、歯槽膿漏による口の臭いの原因と、口臭の治し方についてまとめます。

歯槽膿漏とは

歯槽膿漏とは、歯を支えている歯周組織が破壊されることにより歯が動揺し始め、最終的には脱落してしまう口腔疾患です。歯肉や歯槽骨(歯を支える骨)が細菌により吸収され、出血や排膿といった症状とともに、口臭が酷くなるのが特徴です。

健康な歯肉は淡いピンク色で、歯間にある歯肉はシャープな三角形を描き、ギュっと引き締まった状態です。しかし、細菌により炎症が起きると歯肉は熟れたトマトのように赤くなり、少しの刺激で出血を起こします。この時、正しく歯磨きをすることで炎症の抑制が期待できますが、放置すると歯垢が歯肉の炎症を悪化させ、歯槽骨の吸収へと繫がっていきます。特に、指で歯肉を圧迫した時に膿が出てくるような場合は、重度の歯槽膿漏である可能性が高くなります。

歯槽膿漏は静かに進行していくことが多く、重度になるまで気づかないケースも珍しくありません。日頃から、口腔内の観察とケアを怠らないことが口臭の予防対策としても重要です。まずは健康な歯肉の状態を理解し、毎日観察すること、口臭のチェック、歯磨きで出血が続くようであれば歯科での診察を受けることを徹底しましょう。

歯茎が臭い原因

歯茎が臭い原因と口臭の治し方

歯茎を指で押して臭いを嗅いだ時、「臭い」と感じたら要注意です。さらに、出血や膿がみられるような場合は、歯槽膿漏がかなり進行している可能性があります。

臭いの主な原因は、磨き残しによる歯垢の付着です。歯垢は細菌の塊で、特に歯と歯茎の境目に磨き残しが目立つ傾向にあります。歯垢を放置することにより歯周組織は炎症を起こし、歯槽骨が吸収されることで、歯と歯茎の境目に「歯周ポケット」と呼ばれる深い隙間が形成されてしまいます。そこに溜まった細菌が発生させるガスが悪臭となり、歯茎が臭い原因となります。

歯槽膿漏による口臭は「卵や玉ねぎが腐ったような臭い」と表現されることが多く、いかに不快な悪臭であるかが想像できます。また、口臭だけでなく、歯槽膿漏を放置することによって全身に悪影響が及ぶ可能性も念頭に置き、日々の歯磨き等を徹底することが重要です。

歯槽膿漏の治療方法

歯槽膿漏の治療の目的は、歯周ポケットに溜った歯垢や歯石を取り除き、歯肉の炎症や歯槽骨の吸収の進行を抑制することにあります。原因菌を除去することで、次第に腫れ上がった歯肉は引き締まっていき、歯周ポケットは浅くなります。

しかし、歯肉の腫れが引いた後も、歯が伸びたように歯根は露出していきます。これは、歯槽膿漏により骨吸収が起きていたことを意味します。歯槽膿漏の治療は早いほど予後は変わっていきますので、早期発見・早期治療が何より重要です。

歯槽膿漏の根本的な治し方としては、歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアが必要不可欠になります。専門家の手により原因を取り除き、クリーニングや正しい歯磨きの仕方を指導してもらうことで、日常生活におけるプラークコントロールも充実していきます。

歯茎の臭い・口臭の治し方

自分自身で行う口臭の治し方としては、まずは正しい方法での歯磨きが重要です。歯垢の付着が目立つ「歯と歯の間」や「歯と歯茎の境目」に毛先を当て、優しく小刻みに汚れを掻き出すことが重要です。歯槽膿漏の場合は、歯と歯茎の境目に斜め45度の角度で毛先を合せ、歯周ポケットに入り込んだ歯垢を掻き出すイメージで磨きます。

歯肉を刺激することで出血や排膿がみられる場合、不安から磨くのを止めてしまう人もいますが、柔らかめの歯ブラシで歯肉を優しく刺激して強くしていきましょう。

<正しい歯磨きの方法>


実は、歯ブラシだけでは歯垢の約6割しか除去できないといわれています。そのため、歯槽膿漏の対策には、歯間ブラシやデンタルフロスのような補助的清掃用具の使用は不可欠です。

また、市販されているリステリン等のマウスウォッシュや、歯槽膿漏対策用の歯磨き粉を使用するのも良いでしょう。一時的な対策としては、口臭用サプリメントを利用するのも方法です。

まとめ

今回は、歯槽膿漏による口の臭いの原因と治し方についてご紹介しました。

国民の約8割が罹っているといわれる歯槽膿漏ですが、症状を自覚する前に進行しているケースも多い厄介な疾患です。さらに、病状は口腔内だけに止まらず、全身の疾患にも繫がることもあります。

歯茎の腫れや出血のほか、口や歯茎が臭いと感じる場合は身体からのシグナルと捉え、早めに対策をとるようにしましょう。