お酒の臭いを消す方法 | アルコールで口臭が強くなる原因と予防対策

お酒の臭いを消す方法 | アルコールで口臭が強くなる原因と予防対策

お酒の臭いを消す方法 | アルコールで口臭が強くなる原因と予防対策

お酒を飲んだ後やその翌日、周囲の人から「酒臭い」と嫌がられた経験はありませんか? アルコールは口臭を強くする原因となるため、飲酒後はしっかりと臭いの予防対策をしておくようにしましょう。

今回は、お酒の臭いを消す方法についてまとめます。

アルコールで口臭が強くなる原因

アルコールで口臭が強くなる原因

飲酒後に口が臭くなる原因には、下記のようなものがあげられます。

アセトアルデヒドの発生

お酒に含まれるアルコールが体内で分解されると、アセトアルデヒドという臭いの強い物質に変化します。これらの物質が血液中に吸収されて全身を巡り、肺から呼気として排出されることで不快な口臭が発生します。

アルコールの利尿作用

アルコールには利尿作用があり、ビールを1ℓ飲むと1.1ℓの水分が出ていくといわれています。体内の水分量の低下によって唾液の分泌量が減少すると、口内の自浄作用が低下して細菌が繁殖しやすくなり、口臭が強くなる原因となります。

肝機能の低下

日頃から多量のお酒を飲む習慣のある人は、肝細胞が傷ついて肝臓の働きが悪くなることがあります。肝臓機能が低下すると、体内のアンモニア等の有害物質を分解する働きが低下することで、「ドブ臭」などと表現される口臭が発生するようになります。

お酒の臭いを消す方法

お酒の臭いを消す方法

手軽にできるお酒の臭いを消す方法には、下記のようなものがあげられます。

多めに水分補給をする

飲酒後はアルコールの利尿作用によって体の水分が失われやすく、口内が乾燥してネバネバとした状態になりがちです。唾液の減少によって口臭も悪化しますので、十分な量の水分補給を意識して行うことが大切です。

アルコールの分解を促す食べ物を食べる

肝臓の機能を高めたり、アルコールの分解を促進する食べ物を食べることも効果的な対策です。飲酒時のおつまみとして、下記のような食べ物を取り入れるのがおすすめです。

アルコールの分解を促す食べ物

  • グレープフルーツ…ビタミンC:アセトアルデヒドの分解を促進
  • 枝豆…ビタミンB1:アルコール分解を促進、肝臓の負担減
  • もずく…食物繊維(フコイダン):有害物質の排出を促進
  • しじみ…アラニン:肝機能を強化、アルコール分解促進
  • タコ・イカ…タウリン:肝機能を補助
  • ウコン…クルクミン:アルコール代謝を促進
  • 歯磨きをする

    飲酒後は唾液の減少によって細菌が繁殖しやすいため、しっかりと歯磨きをして清潔に保つことが大切です。歯間ブラシや口臭予防用の歯磨き粉舌磨き用ブラシを使うのも良いでしょう。

    ガムを噛む

    飲酒後や翌日の口臭が気になる場合には、ガムを噛むようにするのも効果的です。顎を動かすことで唾液腺が刺激され、唾液の分泌を促すことで口臭の予防対策に役立ちます。爽やかな香りのキシリトールガムがおすすめです。

    お酒の臭いを消す予防対策の方法

    口臭対策グッズ

    市販の口臭対策グッズを使用するのも良いでしょう。口臭予防用のサプリメントマウススプレーなど、外出中にも気軽に使いやすいものがおすすめです。

    飲みすぎに要注意

    お酒の臭いを消す最も確実な方法は、アルコール摂取量を少なくすることです。

    特に、普段から多くお酒を飲む習慣のある人は、肝臓機能の低下によって慢性的に口臭が発生する原因にもなりますので、休肝日を設けたり量を減らす努力をしましょう。口臭や体臭から強いアンモニア臭が現れるようになると、肝硬変や肝臓がんなど肝臓疾患がかなり進行している可能性がありますので、早めに専門医を受診することが大切です。

    まとめ

    今回は、アルコールで口臭が強くなる原因と、お酒の臭いを消す方法についてご紹介しました。

    お酒の飲み過ぎは体に悪いだけでなく、不快な口臭を発生させる原因となります。周囲の人に嫌な思いをさせることがないよう、飲み過ぎに注意するとともに、飲酒後はしっかりと口臭の予防対策をするようにしましょう。