口臭の予防対策に効く飲み物 | きつい口臭を消す飲料の種類と効果

口臭の予防対策に効く飲み物 | きつい口臭を消す飲料の種類と効果

口臭の予防対策に効く飲み物 | きつい口臭を消す飲料の種類と効果

口臭が気になった時、すぐに歯磨き等の対策ができる状況ならよいのですが、いつもそうとは限りません。そのような場合に手軽に取り入れやすいのが「飲み物による口臭予防」です。

飲み物を飲むことで、口内の乾燥による細菌の増殖を防ぐ効果もあるため、口臭が気になる人はこまめな水分補給を心がけるようにしましょう。

今回は、口臭を消す飲み物についてまとめます。

口臭の予防対策に効く飲み物

口臭の予防対策に効く飲み物

口臭の予防対策に効く飲み物としては、下記のようなものがあげられます。

普通の水を飲むだけでも口臭対策には効果があります。口内の汚れを洗い流してくれると同時に、水分補給をすることで唾液の分泌量の減少を防ぎ、細菌の繁殖を予防することができます。

また、水にレモン果汁を加えて飲むこともお勧めです。クエン酸の殺菌作用や唾液の分泌を促す作用により、より効果的に口臭を消すことができます。

お茶

口臭予防に効く代表的な飲み物として「お茶」があげられます。お茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンやフラボノイドには、高い殺菌作用や消臭効果があり、臭いの予防に非常に効果的です。

こうした成分を特に豊富に含むのは緑茶ですが、紅茶やウーロン茶等でも同様の効果が期待できます。また、虫歯や歯周病などの口腔疾患がある場合には、それらの原因菌を抑える効果のあるウーロン茶がお勧めです。

注意

お茶に含まれるカフェインには利尿作用があります。利尿作用によって体の水分が奪われると、唾液の分泌量が低下する可能性がありますので、口内の乾燥を感じる人は飲み過ぎに注意が必要です。

牛乳

牛乳は、きつい口臭の原因となるにんにくやニラ、玉ねぎを食べる際に飲むと、臭いの発生を予防してくれます。これは、牛乳に含まれるタンパク質が、ニンニク等に含まれるアリシンという成分を包み込むことで臭いを抑えてくれるためです。

なたまめ茶

口臭や口のネバつきを抑える飲み物として人気を集めているのが「なたまめ茶」です。

なた豆にはカナバニンという特有のアミノ酸が含まれており、古くから口内の悩みに重宝されてきました。近年では多くの口臭対策グッズに使用されており、「なたまめ歯磨き粉」なども販売されています。


なたまめ茶

乳酸菌飲料

便秘など、腸内環境の悪化による口臭の場合には、腸内の善玉菌を増やす乳酸菌飲料を飲むようにするのも良いでしょう。

腸内環境が悪化すると、腸内に停滞した食べ物が異常発酵を起こし、便臭に似た口臭や体臭が発生することが知られています。飲むヨーグルト等に含まれるビフィズス菌等の善玉菌には整腸作用があり、悪臭を発生させる悪玉菌の増殖を抑えてくれるため、口臭対策に効果的です。

ただし、乳酸菌飲料は糖分を含むものが多いため、飲んだ後はできるだけ水で口を洗い流すなどして口内を清潔に保つようにしましょう。

口臭の原因となる飲み物

きつい口臭の原因となる飲み物

上述した飲み物とは逆に、口臭の原因となってしまう飲み物というものもあります。

コーヒー

コーヒーの焙煎成分が舌に付着することで、舌の汚れ(舌苔)となり、臭いを発生させる原因となります。

また、コーヒーに含まれる砂糖やミルクが口内の嫌気性菌によって分解されると、揮発性硫黄化合物が発生して口臭が現れます。

ジュース

コーラ等の炭酸飲料やジュースなど、糖分の多い飲み物は口内細菌の増殖を促すため、口臭が気になる人は控えるようにしましょう。

お酒

多量のお酒を飲むと、アルコールを分解した際に発生するアセトアルデヒドや酢酸によって、きつい口臭や体臭が発生することがあります。

お酒には利尿作用があり、飲酒後は体内の水分が失われやすくなっていますので、飲酒後は水などでしっかりと水分補給をするようにしましょう。

まとめ

今回は、口臭の予防対策に効く飲み物の種類と効果についてご紹介しました。

臭いが気になる場合には、口臭を消す飲み物を飲むことで手軽に対策をすることができます。ただし、きつい口臭が続くようであれば、虫歯や歯周病の他、内臓の病気などの可能性もありますので、一度医師の診察を受けてみるようにしましょう。