内臓からくる口臭 | 胃腸・肝臓等の不調が原因の臭いと予防対策

内臓からくる口臭 | 胃腸・肝臓等の不調が原因の臭いと予防対策

内臓からくる口臭 | 胃腸・肝臓等の不調が原因の臭いと予防対策

口臭は、虫歯や歯周病などの口腔内の問題だけでなく、胃腸や肝臓等の不調によっても発生することがあります。「毎日しっかりと歯磨きをしても口が臭い」という場合には、内臓からくる口臭を疑ってみましょう。

今回は、内臓からくる口臭の原因と予防対策についてまとめます。

胃の不調が原因の口臭

胃の不調によって消化不良を起こすと、胃の内容物が異常発酵して悪臭を放ちます。この臭いの元となる物質が腸管から吸収され、血液に乗って肺に運ばれ、呼気として排出される際に「卵が腐ったような臭い」の口臭が発生します。

また、ストレスや暴飲暴食等の原因によって胃と食道を繋ぐ下部食道括約筋の機能が低下すると、「逆流性食道炎」の症状が現れることがあります。逆流性食道炎になると胃液が逆流する症状(呑酸)によって、鼻にツンとくる酸っぱい臭いが口内に広がり、口臭の原因となります。

腸の不調が原因の口臭

腸の機能低下によって腸内の細菌バランスが崩れると、悪玉菌が増加して臭いの元となるガスを発生させます。このガスが腸壁から血液に取り込まれて全身を巡り、肺から排出される際に口臭として現れます。

また、腸内環境の悪化によって蠕動運動が鈍くなると便秘を招きやすく、停滞した便が異常発酵を起こして口臭や体臭を発生させる原因となることがあります。

胃腸の不調が原因の口臭

肝臓の不調が原因の口臭

慢性肝炎などによって肝臓の機能が低下すると、体内の有害物質を分解する働きが弱まります。そのため、分解しきれなかった臭いの元となる物質が血液に乗って全身を巡り、呼気に混じることで「ドブ臭」や「カビ臭」等と表現される臭いが口臭として現れます。

また、肝臓機能の低下によって、食べ物を消化する際に発生するアンモニアの分解が滞ると、口臭としてアンモニア臭が現れることがあります。この場合には、肝臓疾患の症状がかなり進行していることが考えられますので、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

内臓からくる口臭の予防対策

内臓からくる口臭の予防対策

内臓からくる口臭の予防対策としては、下記のようなものがあげられます。

生活習慣の改善

内臓からくる口臭の根本的な対策は、まずは不調の原因を取り除くことです。暴飲暴食や過度なアルコール摂取を避けることはもちろん、十分な睡眠時間の確保も重要になります。

特に、胃腸はストレスに強く影響を受ける臓器です。日頃から、リラックスできる時間を作ったり、適度に運動して気分転換を図ったり、自分に合ったストレスの解消法を見つけて生活のリズムを整えることが口臭の予防にも繫がります。

また、食生活の見直しも重要です。腸内環境を整えるには、ヨーグルト等の発酵食品を摂取して善玉菌を増やしたり、食物繊維を積極的に摂取して腸内の毒素や有害物質をきれいに排出するよう心がけると良いでしょう。

原因疾患の治療

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、慢性肝炎など口臭の原因となる疾患がある場合には、その治療を行うことが根本的な対策となります。

胃腸や肝臓の不調に心当たりがある場合や、歯磨きをしても異常な口臭が続くような場合には、一度医師に相談するようにしましょう。

胃腸・肝臓等の不調が原因の口臭の予防対策

禁酒・禁煙

過度な飲酒や喫煙は、有害物質を分解する際に肝臓に大きな負担をかけるため、肝機能の低下につながります。すぐにやめることができなくても、休肝日を設けたり、頻度や量を減らすことで肝臓をいたわる対策をとるよう心がけましょう。

口臭対策サプリメント

口臭が気になってコミュニケーションに支障が出るような場合には、応急的な対策として口臭対策サプリメントを使用するのも良いでしょう。手軽に取り入れることができ、身体の内側から臭いをケアしてくれます。

まとめ

今回は、内臓からくる口臭の原因と予防対策についてご紹介しました。

口臭は口腔内の問題だけではなく、胃腸や肝臓等の不調によっても発生することがあります。異常な臭いや胃腸の不調等を感じる場合には、生活習慣を見直すとともに、早めに医師の診察を受け適切な対策を取るよう心がけましょう。