マスクの中の息が臭い… 歯磨きしても口臭が治らないため歯医者へ

マスクの中の息が臭い… 歯磨きしても口臭が治らないため歯医者へ

マスクの中の息が臭い… 歯磨きしても口臭が治らないため歯医者へ

Y.Kさん(女性)、40代、会社員

マスクの中の息が臭い…

口臭はデリケートな問題のため、自分で気付くまで指摘してくれる人はあまりいません。実際に私も自分の口臭に気づくまで、かなり時間がかかったと思います。

私が口臭に気付いたのは、マスクをしていた時です。マスクの中の自分の息がすごく臭いのです。それまではあまり意識していなかったのですが、一度自分の息を意識し始めると、フワーッと変なニオイがするのが気になってしかたありません。

その臭いは明らかに自分の口の中からでした。しかも、ニンニクとかコーヒーとかの臭いではなく、腐った生ゴミのようなニオイなのです。

それに気づいてからは、周りの人の反応にも敏感になってしまいました。話している時に相手が鼻を触っていると「息が臭いと思われているのかも…」と不安に感じ、声は小さくなり、だんだんと人と話すのも苦痛になってきました。そして、口臭を隠すため、風邪でもないのにマスクをつけることが多くなってしまいました。

歯磨きしても口臭が治らない!

自分の口臭に気づいてからは、口臭の原因や対策について必死に調べました。体質や病気、食べ物など様々なものがあるようですが、一番の原因は口の中に食べ物のカスなどが残っている事が原因だと分かりました。

それからは、歯磨きを徹底するようになり、毎日かなりの時間をかけて、食事の度に磨きました。さらに、口臭に効果があるという歯磨き粉なども購入して使ってみたりしました。

しかし、そんな努力もむなしく、私の口臭はいくら歯磨きしても治らないようでした。自分の口臭は自分ではどの程度臭っているかが分かりにくいものですが、マスクをするとやはり中の息が臭いと感じるのです。

息の臭いを気にすればするほど、ひどいニオイを発しているような気がして不安になってしまいます。そして、口臭があるだけで、毎日仕事に行くのがとても辛く感じていました。もう自分では対処方法が分からないので、恥ずかしい思いを抑えて歯医者に相談に行くことにしました。

悪臭が消えた!ニオイの原因は…

歯医者で診てもらったところ、奥歯の隙間がひどい虫歯になっていました。奥歯の間の汚れが原因で、なんと歯の隙間に汚れが溜まりまくっていたようです。歯磨きはしっかりしていたつもりだったのですが、歯と歯の間の汚れまではブラシでは落とせなかったようです。

その治療で歯の隙間から汚れをかき出したのですが、それはもう酷いニオイを発していました。歯医者さんの前ですごく恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。そして、それをかき出し軽い応急処置をして、後日、改めて治療を始めるという事になったのです。

その日を境にあの悪臭は消えました。まさかとは思ったのですが、虫歯と奥歯の隙間の汚れが原因だったようです。あんなに色々とケアをしたのに、改善されなかったニオイが全く無くなったのです。

歯間の汚れに要注意

その後、歯の治療は無事に終えました。そして、その時に教えてもらったのが、奥歯の隙間には汚れがたまりやすく、歯ブラシだけでは落とせないという事でした。毎日ではなくとも、週に何回かはデンタルフロスで隙間の汚れをキレイにすると良いとの事でした。

それ以来、3日に1回程度デンタルフロスを使用していますが、汚れをかき出す度にあの時の口臭と同じ臭いが出てきます。やはり、その汚れが口臭の元だったようです。

口臭の原因は口内環境が原因となっている事が多く、一生懸命歯磨きをしているつもりでも、見えない歯と歯の間には汚れが溜まったり虫歯になっていることがあります。しっかり歯磨きしても口臭が治らない人は、一度、歯医者でしっかりと診てもらうと良いかもしれません。