コーヒーは口臭の原因? 口が臭くなる飲み物と臭いの予防対策

コーヒーは口臭の原因? 口が臭くなる飲み物と臭いの予防対策

コーヒーは口臭の原因? 口が臭くなる飲み物と臭いの予防対策

コーヒーを飲むとどうして口が臭くなるのでしょうか。淹れたてのコーヒーやコーヒー豆の香りは香ばしく大変よい香りなのに、飲んだ途端にあの独特のイヤな臭い…。それは、香り豊かなコーヒーが口の中で変化してしまうからのです。

今回は、コーヒーで口が臭くなる原因と予防対策についてまとめます。

コーヒーで口臭が強くなる原因

コーヒーで口臭が強くなる原因には、下記のようなものがあげられます。

コーヒーで口臭が臭くなる原因

焙煎成分で舌苔が増える

香ばしさを引き出す焙煎成分が舌に付着し、舌苔(ぜったい)となります。舌苔とは舌の表面の白色・黄褐色の付着物です。黒色のコケ状に見えるタイプもあります。

口の中には細菌がたくさん住んでおり、その中の嫌気性菌によって舌の汚れが分解されると、その過程で独特の臭いが生産されます。

利尿作用による唾液の減少

コーヒーにはカフェインが含まれています。カフェインは、眠気覚ましや頭痛改善に効果を発揮する一方で、利尿作用を高める働きも持っています。

利尿作用によって体の水分量が減ると、唾液の分泌量も減ってしまいます。唾液には口内の嫌気性菌の働きを抑えて口臭を予防する効果があるため、唾液量が少ないと口が臭くなるのです。

口内が酸性になる

酸味のあるコーヒーは好き嫌いが分かれるところですが、酸味には焙煎途中で生成されるキナ酸やコーヒー酸・酢酸・ギ酸・乳酸が関わっています。

実は、口が臭くなるガスを生産するバクテリアは酸のある環境が大好きなのです。バクテリアがこの心地よい環境で増殖し、活発にガスを生産することで口臭につながります。

ミルクに含まれるタンパク質の分解

コーヒーに入れるミルクはタンパク質を多く含みます。

タンパク質が口の中で嫌気性菌に分解されると、揮発性硫黄化合物が生産されて口臭の原因となります。

砂糖が含まれている

ミルクと同様に、コーヒーシュガーも嫌気性菌に分解されると嫌な臭いを発する原因となります。

口が臭くなる飲み物

コーヒー等の口が臭くなる飲み物

コーヒー以外の口が臭くなる飲み物として、下記のような例があげられます。

カフェインが含まれる飲み物

利尿作用によって口臭予防につながる唾液の量が減少します。

例)エナジードリンク、コーラ

ミルクが含まれる飲み物

口の中の嫌気性菌によってタンパク質が分解されると嫌な臭いが発生します。

例)ミルクティー、ラテ、カフェオレ

糖分が多く含まれる飲み物

口の中の嫌気性菌に分解されると嫌な臭いが発生します。

例)ジュース

口臭の予防対策

飲み物が原因の口臭の予防対策

口臭の原因になるからといって、好きな飲み物を過度に制限する必要はありません。ちょっとした工夫や飲んだ後の対策をすることで口臭を防ぐことができます。

薄くして飲む

コーヒー・紅茶は気にならない程度に薄めて飲むことで、口臭の原因となる成分を少なくできます。

砂糖・ミルクを減らす

コーヒーに砂糖やミルクを入れている人は、ブラックにしたり、いつもより量を少なくしてみましょう。

また、ジュースでは砂糖による甘みを抑えたものを選びましょう。

飲んだ後のケア

口臭の原因となる飲み物を飲んだ後は、水を飲んだり、キシリトール入りのガムを噛むと臭いの予防に役立ちます。可能な環境であれば歯磨き舌磨きをするのも効果的です。

また、口臭対策用のサプリメントも販売されていますので、それらを利用するのも良いでしょう。

口臭対策サプリメント おすすめランキング
口臭対策サプリメント おすすめランキング
口内環境の悪化等によって多くの人が悩みを抱える「口臭」。他人に不潔な印象を与えないよう、普段からしっかりと対策をとっておきたいものです。 現在販売...


カフェイン・ミルク・糖分が全く含まれていない飲み物は残念ながらあまり多くありません。上手に予防・対策をして無理のない範囲でお気に入りの飲み物を楽しみましょう。

口臭対策には「緑茶」がおすすめ

口臭のもとになってしまう飲み物もあれば、口臭の予防対策に効く飲み物もあります。

それは「緑茶」です。お茶には強力な殺菌効果のある「カテキン」が含まれています。このカテキンが口の中の菌の働きを抑え、口臭を予防してくれるのです。

ただし、緑茶にはカフェインも含まれていますので、利尿作用による唾液の減少という点ではマイナスに働くことになります。口内の乾燥が気になる人は、同じく殺菌作用の高い「梅干し」を食べるようにするのも口臭予防に効果的です。

まとめ

今回は、コーヒー等の飲み物による口臭の予防対策についてご紹介しました。

コーヒーの他にも口が臭くなる飲み物には様々なものがありますが、飲み方を工夫したり、飲んだ後のケアをすることで臭いを抑えることができます。

他人に指摘されて恥ずかしい思いをすることがないよう、普段からお口の臭い対策に気を配るようにしましょう。