口臭が関係する怖い病気 | 息が臭い原因と口臭を治す方法

口臭が関係する怖い病気 | 息が臭い原因と口臭を治す方法

口臭が関係する怖い病気 | 息が臭い原因と口臭を治す方法

一口に口臭といっても、その原因や症状は様々で、治す方法もそれぞれ異なります。多くは一時的な要因による生理的な口臭ですが、中には内臓などの病気が原因となっている病的口臭の場合もあります。臭いの特徴や原因を理解して、病気のサインを見逃さないようにしましょう。

今回は、息が臭い原因となる病気と、口臭を治す方法についてまとめます。

息が臭い原因

口臭と唾液の分泌量には、深い関係があります。寝起きや空腹時、ストレスなどを感じた際には、唾液の分泌量が減少することで一時的な口臭が発生しやすくなります。これらは誰にでも起こるものであり、うがいや食事によってすぐに改善できる「心配のない口臭」です。

反対に、慢性的に息が臭いと感じる場合には、何らかの病気が原因となっていることもあります。病的口臭の9割近くは口腔疾患によるものといわれ、歯磨きや歯周病の治療によって口臭の改善が見込めます。その他、胃腸や肝臓などの内臓疾患、呼吸器系や耳鼻科系疾患などからくる口臭等があり、その病気独特の特徴的な臭いが認められるケースもあります。

口臭が関係する病気と臭いの特徴

口臭が関係する病気と息が臭い原因

息が臭い原因となる病気には、下記のようなものがあげられます。

口腔疾患

虫歯歯周病等の口腔疾患は、「腐った卵のような臭い」や「腐った玉ねぎ」「漬物」などと表現される臭いが発生するのが特徴です。

口内の虫歯菌や歯周病菌が食べかす等を分解する際に、硫化水素やメチルメルカプタン等の揮発性のガスを発生させることが原因となります。

胃腸系の病気

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんのような内臓疾患では、消化不良を起こした胃の内容物が発酵し、発生したガスによって口臭が強くなります。臭いの特徴は「卵が腐ったような臭い」と表現される腐敗臭で、臭いの成分が血液中に吸収され、呼気とともに排出されます。

初期の胃がん等は自覚症状が現れにくいこともあり、異変に気づけず病状が深刻化するケースもあります。胃腸の不調や臭いの異常を感じたら放置せず、専門医を受診することで早期発見につなげることが大切です。

糖尿病

糖尿病患者の口臭は、腐った果物のような甘酸っぱい臭いが特徴です。糖尿病になるとインシュリン不足によって糖の分解できないため、代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。その際に発生するケトン体という物質が独特の甘酸っぱい臭い(ケトン臭)を発生させます。

また、糖尿病になると唾液の分泌量が減少するため、ドライマウスのリスクが高まります。口内が乾燥すると細菌が繁殖しやすい環境となり、口臭が強くなる原因となります。

肝機能障害

慢性肝炎など、肝臓の機能低下も息が臭い原因となります。肝臓の働きが悪くなると老廃物を十分に体外へ排出できなくなり、「ドブ臭」や「カビ臭」等と表現される口臭や体臭が発生します。

また、肝硬変や肝臓がんなど、症状が進行している場合にはアンモニア臭がすることが知られています。

腎機能障害

腎臓の病気がある場合には、アンモニアなどの老廃物を体外へ排出する機能が低下し、アンモニア臭が発生することがあります。

耳鼻科系・呼吸器系の病気

蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎、気管支炎などの病気も息が臭い原因となります。これは、患部が炎症や化膿を起こすことで発生するもので、「肉が腐ったような臭い」と表現される独特な臭いです。

また、鼻炎等によって鼻詰まりを起こすと口呼吸になりやすく、口の中が乾燥しやすくなることも口臭を発生させる原因となります。

病的口臭を治す方法

息が臭い時の病的口臭を治す方法

病的口臭を治す方法を考えるにあたっては、まずは口臭の原因がどこにあるのかを見極める必要があります。原因が口腔内にある場合は、虫歯や歯周病の治療をし、正しい方法での歯磨き舌苔の除去などプラークコントロールを徹底するようにしましょう。

内臓の病気による口臭では、専門医の診察を受けて原因疾患の治療を行うことが根本的に口臭を治す方法になります。中には命に関わる怖い病気が隠れている場合もありますので、異常を感じる場合には早めの対策をとることが大切です。

病的口臭を治すには、どうしても時間がかかるケースが多くなります。息が臭いせいで生活や仕事に悪影響を及ぼしているような場合には、口臭対策サプリメント等で応急的な対策をとるようにするのも良いでしょう。

まとめ

今回は、息が臭い原因となる病気と、口臭を治す方法についてご紹介しました。

口臭は口腔疾患だけでなく、喉や鼻、内臓などの様々な病気が原因となって発生することがあります。病気のサインを見逃さないよう、異常な口臭が続く場合には早めに専門医を受診するよう心がけましょう。