胃が悪いと口臭が強くなる? 胃からくる口の臭いの特徴と原因、対策

胃が悪いと口臭が強くなる? 胃からくる口の臭いの特徴と原因、対策

胃が悪いと口臭が強くなる? 胃からくる口の臭いの特徴と原因、対策

内臓疾患を患っている人の口臭は、独特な臭いを放つ傾向にあります。特に、胃が悪い場合は病的な口臭があり、「卵が腐ったような臭い」などと例えられます。歯磨きの徹底や虫歯の治療を行っても、思うように臭いが消えない時は、胃からくる口臭を疑ってみましょう。

今回は、胃が悪い時の口臭の特徴と対策についてまとめます。

胃が悪いと口臭が強くなる理由

胃腸はストレスの影響を非常に受けやすい臓器だといわれています。生活の中で感じる緊張や不安が原因で不調を招き、胃の働きが鈍くなることで消化不良を起こす方も少なくありません。そして、この消化不良の状態が続くと、胃からくる口臭が発生する原因となるのです。

まず、胃に残された食べ物が吸収前に発酵することでガスが発生します。そして、その臭い成分が血液に吸収されて身体を巡り、肺に到達して呼気に含まれることで口臭が発生します。

こうした症状は胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍等の病気がある場合にも起こりやすいため、異常を感じる場合には早めに専門医に相談することが大切です。

胃からくる口臭の特徴

胃が悪い時の胃からくる口臭の特徴

胃からくる口臭の特徴としては、下記のようなものがあげられます。

硫黄臭

食べ物の異常発酵による「硫黄臭」で、一般に「卵が腐ったような臭い」等と表現されます。

ストレスによる消化不良の他、胃炎や胃潰瘍、胃がん等の病気が原因で発生することがあります。

刺激臭

逆流性食道炎が原因で、酸味のある液体が喉から上がってくる場合には、その臭いが口臭として現れる場合があります。鼻にツンとくるような刺激臭が特徴です。

口臭を防ぐための対策

胃が悪い時の胃からくる口臭の対策

胃からくる口臭の対策としては、下記のようなものがあげられます。

食生活の改善

「口臭が気になる」「何となく胃が悪い」と感じている場合には、食生活の改善に力を入れてみましょう。

胃に負担をかける暴飲暴食を避けることはもちろん、栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。食べる際にはよく咀嚼して、唾液の分泌を促すことで消化効率を高めることができます。

また、量の多い間食や夜食は、胃に余計な負担をかける原因となります。規則正しい食生活を心がけ、消化不良を起こしにくくするよう心がけるようにしましょう。

過度な飲酒・喫煙を避ける

過度な飲酒は直接的に口臭の原因となるだけでなく、内臓機能にも悪影響を及ぼすため注意が必要です。アルコールの刺激が胃にダメージを与えたり、消化の悪いつまみを食べたりすることで、胃にも大きな負担がかかることになります。

タバコは血行不良を引き起こす原因といわれ、胃の機能低下を招くとされています。また、タバコに含まれるタール・ニコチン・一酸化炭素は口臭を強くする働きがあるため、臭いが気になる人は控えるようにしましょう。

ストレスをため込まない

胃腸は非常に繊細であり、ストレスの影響を受けやすい臓器です。胃が悪いと感じる場合には、ストレスによる自律神経失調が原因となっていることも多くあります。

普段から、趣味による気分転換や適度な運動、十分な睡眠時間の確保等を心がけ、ストレスをため込まないようにすることが大切です。

口臭対策サプリメントの使用

一時的な対処法としては、口臭対策サプリメントを利用するのも方法です。臭いの元に体の内側から働きかけ、口臭をケアしてくれます。

口臭対策サプリメント おすすめランキング
口臭対策サプリメント おすすめランキング
口内環境の悪化等によって多くの人が悩みを抱える「口臭」。他人に不潔な印象を与えないよう、普段からしっかりと対策をとっておきたいものです。 現在販売...

専門医の受診

胃からくる口臭が続く場合には、胃腸の病気が原因となっていることもあります。

病気の治療が口臭の根本的な対策となりますので、胃が悪いと感じる場合には一度専門医を受診するのが安心です。

まとめ

今回は、胃からくる口の臭いの原因と対策についてご紹介しました。

口臭は周囲とのコミュニケーションに悪影響を与えますが、自分の口臭には自分ではなかなか気が付きにくいものです。日頃から口臭のセルフチェックを行い、早めの対策をとるようこころがけるようにしましょう。