口臭対策用の歯磨き粉と歯磨きの仕方 | 歯周病・虫歯を防ぐ口内ケア

口臭対策用の歯磨き粉と歯磨きの仕方 | 歯周病・虫歯を防ぐ口内ケア

口臭対策用の歯磨き粉と歯磨きの仕方 | 歯周病・虫歯を防ぐ口内ケア

周囲に不潔な印象を与えてしまう「口臭」の約9割は、虫歯や歯周病等の口腔疾患が原因といわれています。臭いが気になる人は、普段から歯磨き等の口内ケアを徹底してしっかりと対策をとることが大切です。

今回は、口臭対策用の歯磨き粉と、正しい歯磨きの仕方についてまとめます。

口内環境と口臭の関係

歯周病や虫歯と口臭の関係

口臭の多くは口内環境の悪化によって発生します。虫歯で歯に穴が空いたり歯周病で歯周ポケットができると、歯垢や食べかすが残留して細菌が増殖し、臭いの元となるガスが発生します。また、歯肉の炎症がある場合には、出血や排膿によって口臭が悪化することもあります。

こうした口腔疾患による口臭を防ぐために重要なのは、日頃の口内ケアの徹底です。毎日しっかりと歯磨きをしているつもりでも、歯間や歯と歯茎の間に汚れが残っているケースは多くみられますので、正しい歯磨きの仕方で丁寧に行うことが大切です。

口臭対策用の歯磨き粉

口臭に悩んでいる場合には、口臭対策用の歯磨き粉を使用するのがお勧めです。現在では、グレープフルーツ種子エキスやなた豆、乳酸菌を配合したものなど、様々な種類のものが販売されています。

口臭は歯垢や虫歯、歯周病など様々な要因によって発生しますので、トータル的な口内ケアに効果があるものが人気です。選ぶ際には、「口臭予防」と記載された薬用の歯磨き粉を選択すると良いでしょう。

口臭予防に効く市販の歯磨き粉 おすすめランキング
口臭予防に効く市販の歯磨き粉 おすすめランキング
口臭予防に効く市販の歯磨き粉 おすすめランキング 加齢や口内環境の悪化等によって多くの人が悩まされる「口臭」。口臭予防に効く歯磨き粉は数多くの種類...

正しい歯磨きの仕方

健康な歯肉と歯周病にかかった歯肉では、正しい歯磨きの仕方は変わってきます。ここでは、代表的な方法である「スクラビング法」と「バス法」についてご紹介します。

スクラビング法

歯ブラシの毛先を歯面に90度に当て、小刻みに優しく横磨きする磨き方をスクラビング法といいます。歯の表面や歯間の歯垢除去に効果的で、歯周ポケットの小さい健康な歯茎の人に適した歯磨きの仕方です。

<スクラビング法による歯磨きの仕方>

バス法

歯周病にかかっている場合に有効な歯磨きの仕方がバス法です。歯ブラシの毛先を歯と歯肉の境目に斜め45度に当てて小刻みに動かすことで、毛先が歯周ポケットに入り込み、効果的に歯垢を除去することができます。炎症を起こした歯肉は、毛先が当たって刺激を受けると出血することがありますが、少量で痛みがない場合は気にせず優しく磨きましょう。

強い力でバス法を行うと、歯茎の位置が下がりやすくなるため注意が必要です。歯ブラシは力の入りにくいペングリップで握り、優しく動かすようにしましょう。

<バス法による歯磨きの仕方>


いずれの方法においても、歯を一本ずつ丁寧に磨く意識を持つことが大切です。また、磨き残しがないよう、あらかじめ磨く順番を決めてから磨き始めるようにしましょう。

その他の口臭対策のポイント

口臭対策のための口内ケアのポイント

その他の口臭対策のポイントとして、下記のようなものがあげられます。

清掃補助具を使用する

通常の歯磨きで除去できる歯垢は、全体の6割程度といわれています。歯と歯の間はデンタルフロスや歯間ブラシなどを使いながら、一本一本汚れを落としていくようにしましょう。

口臭対策グッズを使用する

歯磨きの際には、歯肉炎や口臭の予防に効果のあるリステリン等のマウスウォッシュ(洗口液)を使用するのも良いでしょう。

しっかりと口内ケアを行っても口臭が気になる場合には、外出時にも使いやすいサプリメントで対策する方法もあります。

口臭対策サプリメント おすすめランキング
口臭対策サプリメント おすすめランキング
口内環境の悪化等によって多くの人が悩みを抱える「口臭」。他人に不潔な印象を与えないよう、普段からしっかりと対策をとっておきたいものです。 現在販売...

舌苔を落とす

舌の表面の汚れ(舌苔)が多く付着している場合、口臭が発生する原因となります。舌の表面はデリケートなため、専用の舌ブラシを使用して優しくなでるようにケアをすることが大切です。

まとめ

今回は、口臭対策用の歯磨き粉と、歯磨きの仕方についてご紹介しました。

口臭の多くは虫歯や歯周病等の口内疾患が原因となっているため、日ごろから意識して口内ケアを徹底することが大切です。歯をしっかりと磨いているのに酷い口臭が続く場合には、内臓等の病気が原因となっているケースもありますので、異常を感じたら早めに専門医を受診するようにしましょう。