銀歯が取れた後の強烈な臭い | 治療しても口臭が治らないので抜歯に

銀歯が取れた後の強烈な臭い | 治療しても口臭が治らないので抜歯に

銀歯が取れた後の強烈な臭い | 治療しても口臭が治らないので抜歯に

O.Tさん(女性)、50代、専業主婦

銀歯が取れた後から臭いが発生

私が自分の口臭を意識したのは40代前半です。堅い物を食べていたら、ガリッと音がして、どうやら若い頃に治療した奥の銀歯の土台の白い歯が割れたらしいのです。銀歯も取れたことから、強烈な臭いが口の中に広がりました。

すぐに歯科医院に行き治療をして、割れた歯を取り除き新しい銀歯を装着。これで安心と思いきや、その後、娘たちから「ママのお口臭い~」と言われるようになったのです。最初は、にんにくなどの食べ物の臭いかなと思いましが、あまりにも娘が違う臭いだとしつこく言い、私に近づかなくなったのはすごくショックでした。

確かに、新しく入れた銀歯の周辺の歯肉が少し腫れて膿んだり、ひいたりを繰り返していたのは気になっていたのですが、きちんと治療をしたからと特に気にとめていませんでした。この口臭騒ぎをきっかけに、歯科医院に半年も通う事になったのですが、どうやら、割れた歯がまだ奥に残っていてそこから化膿、発臭していたようなのです。

治療しても口臭が治らない…

医師はなるべく歯を抜かずに残す治療をしたかったようで、無知な私は「さっさとこの口臭の元となる歯を抜いてくれればいいのに!!」と思いながら通っていました。良い医師は、なるべく自分の歯を最後まで使えるように、抜歯せずに残そうと努力してくれるのだそうです。

そのうち、口臭がひどくなったのか、主人も私の口の臭いを気にするようになりました。週に1度、消毒・抗生剤を詰める治療を半年間繰り返していましたが、口臭はまったく治らない状態でした。

ある日、コストコに買い物に行き、カード更新の申請の問い合わせをしていると、コストコの店員さんがカウンター越しに一歩後ろに下がったのです。「えっ?? なぜ、距離をとるの?」っと驚きましたが、後で考えると私の口臭があまりにもひどかったのでしょうね。

その頃からは、自分でも口臭のひどさを意識するようになり、マスクをしたり、人と話をするときは距離をおいてなるべく口臭が届かない位置や、下向きで話すというような悲しい日々が続きました。精神的にも追い詰められた私は、とうとう「口臭が治らないので抜歯にして下さい」とお願いし、見かねた医師も抜いてくれることに同意して、やっと抜いてもらえることになったのです。

静かに忍び寄る歯周病

抜歯後、私の口の臭いは見違えるように改善しました。娘たちも、「口臭しないね。治ったね~」と喜んでくれました。こんなことなら、もっと早く抜いてもらえばよかったのにと、つくづく思いました。

考えてみれば、今回の事で歯科医院にいったのは10年以上ぶり。歯科衛生士さんも、「抜歯したからといって口臭は安心できない」と言います。ついでに、歯周ポケットのチェックをしてもらったところ、正常値の1~2mmを超えて3mm以上で、血がにじんでいる箇所も見つかりました。口臭の原因、歯周病が始まっていたのです。

歯周ポケットとは、歯と歯茎の間の隙間の溝の事です。深い溝になると、そこに食べかすなどの汚れが溜まってお口の中の汚れやばい菌が溜まりやすくなります。歯磨きしても落ちない場合、汚れは歯垢・歯石となって歯肉の炎症を進めて歯周病となるのだそうです。

なんと、ずぼらな10年が私の口内の歯周病菌をすくすくと育ててしまったのです。せっかく、歯を抜いたのに、再び口の臭いに悩まされる日々が近いことは明らかでした。

歯科衛生士から教わった対策

それからは、これ以上歯周病が悪化したり口臭が発生することがないよう、しっかりと対策をとることにしました。歯科衛生士さんから教わって続けている対策は以下の3つです。

①「電動歯ブラシの後は、歯間ブラシを必ず使うこと」

②「定期的に歯医者を受診して、歯周病(口臭)の原因となる歯垢を取ること」

③「3万回転以上のきちんとした電動歯ブラシを買って磨くこと」
※ 私は「SONICARE」という電動歯ブラシを使っています(30,000円くらいしました)。これは歯科衛生士さんの旦那様が実際買われて試したら、ぐらぐらしていた歯が改善され目に見えて良くなったので絶対にお勧めとの事で、ちょっと高価でしたが頑張ってヤマダ電気で購入しました。

これらを実際毎日してみると、歯科衛生士さんの言った通りかなり歯茎がしっかりとして、歯間ブラシをしても血がにじまなくなりました。口臭の心配も当分ありません。

虫歯が原因で口臭が気になる方は、まず歯科医院に。そして今からでもしっかり毎日歯のケアをしてみてください。絶対に良くなります。