唾液が臭い原因 | 口臭・唾液の臭いを消すための予防・改善方法

唾液が臭い原因 | 口臭・唾液の臭いを消すための予防・改善方法

唾液が臭い原因 | 口臭・唾液の臭いを消すための予防・改善方法

毎日歯をしっかり磨いているつもりでも、「唾液が臭い」と感じてしまうことはありませんか? 様々な原因で唾液の分泌量や質が低下して口内の雑菌が繁殖しやすくなると、強い口臭が発生します。

今回は、唾液が臭い原因と、口の臭いを消すための予防・改善方法についてまとめます。

唾液が臭い原因

唾液が臭いと感じる原因には、下記のようなものがあげられます。

1.唾液の量の減少

唾液に含まれるリゾチームという酵素には殺菌作用があり、口内の雑菌の繁殖を抑えてくれています。この唾液の分泌量が低下すると、口の中の自浄作用が弱まって雑菌の数が増え、口臭が発生します。このような状態になると、唾液中に含まれる細菌も濃縮されることとなり、唾液が臭いと感じる原因となるのです。

唾液の分泌量は、健康な人でも1日のうちに大きく変動します。特に、寝起き空腹時、緊張や不安などのストレスを感じている時などは量が減少したり、ネバネバした性質の唾液に変化します。細菌を含む粘り気のある唾液からは臭いを感じることが多くなり、これも口臭の大きな原因です。

唾液が臭い原因

唾液量が減少して口内の乾燥が続く状態を、ドライマウス(口腔乾燥症)といいます。唾液の臭いのほか、口内の痛み、免疫力の低下、味覚障害、虫歯や歯周病のリスクが高まる等の症状があるため、早めの対策をとることが大切です。

口内が乾燥する主な原因

  • ストレスが溜まっている
  • 口呼吸の癖がある
  • 加齢
  • 飲酒・喫煙
  • 食事の際の咀嚼回数が少ない
  • 水分不足
  • 服用薬による副作用
  • シェーグレン症候群や甲状腺機能の異常による自己免疫疾患
  • 2.虫歯や歯周病

    虫歯歯周病による歯茎の炎症等も、唾液の臭いの原因となります。食べかすや菌、歯茎からの出血や膿が唾液に混ざることによって強い口臭が発生します。

    3.唾液の質の低下

    唾液の質の低下も口臭が発生する原因です。加齢や体調不良・生活習慣の乱れ等によって、唾液の持つ殺菌力や酸を中和する能力が低下すると、口内環境が悪化して唾液の臭いも強くなります。

    唾液の臭いのセルフチェック

    唾液の臭いの簡単なセルフチェックとして、清潔な手の甲を舐めて臭いを嗅ぐ方法があります。舐めた直後に嗅ぐのではなく、30秒程待って少し乾いてから嗅ぐのがポイントです。

    体臭との誤認を防ぐため、舐めていない方の手と嗅ぎ比べるようにすると良いでしょう。強い臭いを感じる場合には、下記の対策を試してみて下さい。

    唾液の臭いを消すための予防・改善方法

    唾液の臭いを消すための予防・改善方法

    唾液の臭いを消すための予防・改善方法として、下記のようなものがあげられます。

    こまめな水分補給

    身体の水分量が不足していると唾液の分泌量も低下します。口内の乾燥が気になる人は、こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。

    唾液腺マッサージ

    唾液の量が少ないと感じる場合には、唾液腺マッサージを取り入れると良いでしょう。耳の下や顎下の内側などを指で刺激することで、唾液が分泌を促進する効果があります。

    <唾液腺マッサージの方法>

    咀嚼回数を増やす

    普段から意識して咀嚼回数を増やすことも、唾液の臭いの予防・改善に効果的な方法です。また、柔らかいものばかりではなく、堅めの食材を取り入れるのも良いでしょう。食事の合間にガムを噛むようにするのも、手軽な対策です。

    ストレスをため込まない

    疲労やストレスによる自律神経の崩れも唾液の量や質の低下に影響します。普段から、趣味や運動によるストレスの解消や、十分な休養をとるよう心がけましょう。

    口腔疾患の治療

    虫歯や歯周病等の口腔疾患がある場合には、その治療を行うことが、唾液の臭いを消すための根本的な改善方法となります。歯医者での治療を受けるとともに、日ごろからの歯磨き等のオーラルケアを徹底して、口内を清潔に保つことが大切です。

    口臭対策サプリメント

    症状の改善に時間がかかる場合には、口臭対策サプリメントを使用するのも方法です。一時的な対策ではありますが、唾液が臭いことで生活や仕事でのコミュニケーションに支障が出ないよう、予防に努めることが大切です。

    まとめ

    今回は、唾液が臭い原因と口の臭いを消すための予防・改善方法についてご紹介しました。

    唾液が臭い主な原因には、歯周病や唾液の量や質の低下による細菌の増殖等があげられます。普段から口臭が気になる場合には、生活に支障が出ることのないよう、必要に応じて専門医の指示を仰ぎながら早めに対策をとるようにしましょう。